忍者ブログ
多分ポケモンのこと、リアポケに関する雑記など・・
[350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間、自分にとって意味のないことはあまりしないと思われるので。
自分を自分で嫌悪することに何の得があるのかとか考えてみる。


①現状の自分に対して嫌悪感を持つことで、自己を高めるモチベーションにする

多分これが一番綺麗な使い方。ネガティブなアクティベーション。
自らをけなすことによって、今の自分よりもさらに高等な自分を目指す。
「くそっ!俺はまだまだ未熟だ・・もっと強くならなければ!」的な。

でもこういうキャラって、漫画とかではレギュラーによくいる性格(自分より強い主人公を一方的にライバル視しているキャラに多い)だったりするけど、どうしても①主人公②敵ボスの次点に甘んじてしまってる印象が・・
ポケモンで言えば金銀のライバルとかチェレンあたりが典型かな?

ネガティブな努力は終わりがなく目的が不純だから、報われないことが多いのかもしれない・・
そして、いつまでたっても自分自身を認められないというのは、良いことなのか悪いことなのか・・

なお、この手のキャラの隠れ特性としては、もれなくツンデr(


②自己嫌悪してる自分が可愛い

矛盾した文章な感じがするけれども。
要するに、「自己嫌悪してる俺カッコいい」的な、自己満足の類。
あるいは自分のミスや落ち度について、「これだけ自己嫌悪してるんだからもういいだろ」と、自分を納得させる方便に使う。

何か言葉にしてみると汚く見えるけれど、精神衛生上大事な自己防衛手段の一つだと思ったり。
もやもやした重たいものは、溜め込まなくて済むなら溜め込まないほうがいいというか。

使い方によっては責任逃れという意味合いを含み得るので、周りに迷惑をかけた場合のアフターケアは重要だとは思いますけど・・


③防御術としての自己嫌悪

②に似てるけど、こちらは自分でなく相手の情に訴える手段として。
相手とのやり取りの中で、自己嫌悪している自分を相手に見せる(あるいはそのような自分の様子を相手の耳に入れる)ことによって、責任追及や罰を軽減させようとする。あるいは、相手の庇護欲に訴えようとする。

いわゆる情状酌量を引き出す手段だったり、政治家や企業トップの形だけの謝罪会見だったり。
子供が叱られた時に泣いて謝ったりする仕草もそうかな・・子供など比較的純粋な人間は、意識せずに使っている場合も多そう。

そして腹黒い人間は、これを見事に使いこなす。


自己嫌悪というネガティブの恩恵。
③は必ずしもネガティブな使い方とは限りませんけど・・


だんだん戯言が長くなる。溜まってるのかもしれない。
ユウです。

今期のテーマは「電気無効」になってます。
電気に強いポケモンで勝負です。

パートナーのライチュウは、巷で噂のひらいしんってヤツですね。
もちろんバッジはひらいしん♀ピチューで統一になります。
性格とかは・・

情報として
・基本は電気無効特性×3+地面ポケモン×3
・リベンジャーはその限りでないかも
・テラボルテージ使用禁止
・今期は3on3はコース無し
・代わりにローテーションを試験的に始動
・でも、次回開店は未定
・育成済み地面ポケが4種類しかいなかったのは内緒

ライチュウパートナーは前回痛い目にあってるので、今回はもう少しがんばりたいところですが・・


ということで、失礼しますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
三葉(・A・)ユウ
職業:
学生
自己紹介:
今は一般ポケモントレーナーです。

主な使用ポケモンは
レアコイル ロトム マルマインなど。

さぎょういんとか、そんな感じでしょう。おそらく。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]